痔核(イボ痔)の治療 胃・大腸カメラ 下肢静脈瘤 女性の患者様へ 皮膚科 超音波検査 院長ごあいさつ

下肢静脈瘤 大阪市東住吉区 山本クリニック


下肢静脈瘤


下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは足の表面にある静脈が拡脹して蛇行してくる病気です。本来足に送られた血液は重力に逆らって心臓まで帰ってくるため、押し上げた血液がまた足のほうに下がっていかないように静脈にはいくつもの逆流防止弁があります。
ほとんどの静脈瘤は足の静脈にある逆流を防ぐための弁が故障するために起こります。
放置しておくと、皮膚が黒ずんでむくみが出てきてこむら返リやひどくなると皮膚に潰瘍ができてきます。


どんな人にできやすいですか?

1.妊娠後に出てくる場合が女性では5O%
2.長時間の立ち仕事による過労
3.先天的または遺伝的な要素も強い
4.肥満の人
5.深部静脈が詰まっていたリ静脈の流れが悪くなるほかの病気がある人


初期症状

足が重い感じ、特に夕方になると疲れやすい
足がつったりこむら返りを起こしやすい
夕方になるとふくらはぎやすねがむくんでくる
ふくらはぎの不自然な痛み

進行した症状

見た目にも太く蛇行した血管が見える
拡張した血管の周囲が黒ずんでくる
擦り傷や引っかき傷が治らず傷から液が染み出す
皮膚が硬くなり潰瘍ができたりする
拡張した血管の中に血が固まって(血栓)それが奥の太い静脈まで詰めてしまったり(深部静脈血栓)その血栓が肺に飛んで詰まり危険な状態になる(肺塞栓、肺梗塞)

手術の必要性

静脈瘤があっても外見上の問題以外は症状がないことも多いです。
しかし静脈瘤が進行し静脈血のうっ滞による足の怠さやこむら返りなどが出現し、皮膚が茶色くなって硬く変化しだすと、たとえ静脈瘤を手術して治療しても皮膚の変色硬化はあまり改善しません。

さらに進行すると皮膚潰瘍ができてきます。
さらに酷くなると静脈瘤の中に血の塊(血栓)できてそれが肺に飛んで肺の血管が詰まると非常に危険な状態になります(肺塞栓、エコノミー症候群)。
そうなる前に手術をして行く必要があります。

大伏在静脈瘤ストリッピング手術(大伏在静脈抜去切除術)

足の付け根に原因がある場合の手術方法を説明します。
最近は麻酔方法の進歩および小さな傷で静脈瘤をすべて切除する技術が発達し、静脈瘤を全て抜き取って切除しても術後の痛みも殆どなく再発も非常に少なく術後の傷もきれいに治るため、静脈瘤の専門施設でこのストリッピング手術が行われるようになり、当院でもこの方法で行うようになりました。

1.麻酔方法:大腿神経ブロックおよび低濃度局所麻酔

2.静脈瘤ストリッピング手術(大伏在静脈抜去切除術)

小伏在静脈ストリッピング手術(小伏在静脈抜去切除術)

膝の裏に逆流の原因がある静脈瘤の場合の手術方法について説明します。まず膝の裏の小伏在静脈の根部で弁が壊れて逆流してくる部分と抜去する小伏在静脈本幹にそってエコーで見ながら局所麻酔を行います。
局所麻酔で膝裏に2cmの切開で逆流してくる静脈の根部で糸で縛って切り離し(高位結術)、本幹のできるだけ下の方(アキレス腱側)に5mmの小さな切開をおいてワイヤーを挿入し、小伏在静脈本幹をすべて抜き取って切除します(静脈抜去)。
表面に目立つ静脈瘤は2-3mmの小さな傷で出きるだけ切除します(静脈瘤切除)。

基本的にはAの大伏在静脈ストリッピング手術と同じ方法ですが、局所麻酔のため手術後すぐに歩いて帰れます。

静脈瘤硬化療法

手術をしたあとに、残っている静脈瘤に対して行います。
手術の必要のない軽い静脈瘤では手術せずに硬化療法のみで治療します。使用する薬は泡状にした硬化剤で、これは血液を固めるのではなく血管壁に炎症を起こさせて静脈瘤を縮めていく治療です。
方法は点滴用の針を残っている静脈瘤に刺して1箇所につき2-3mlずつ注入していきます。
通常片方の足で数箇所行います。注入後はガーゼで数時間圧迫しておき、翌日からは通常通り、弾性ストッキングを着用してもらいます。

弾性ストッキングによる圧迫療法

静脈瘤治療の基本です。手術をした後も硬化療法のあとも約3ヶ月を目標にこの弾性ストッキング(普通のストッキングよりしまりの強い治療用の静脈瘤専用ストッキング)を履いていただきます。

手術にかかる費用

すべての治療は保険適応なので、手術の場合会計窓口での支払いは1割負担の御老人で12000円程度、3割負担の患者様で36000円程度です。



ページTOPへ


当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集



トップページにもどる

山本クリニック 下肢静脈瘤

Copyright(C)Yamamoto Clinic. All Rights Reserved
WCL