痔核(イボ痔)の治療 胃・大腸カメラ 下肢静脈瘤 女性の患者様へ 皮膚科 超音波検査 院長ごあいさつ

胃・大腸カメラ 大阪市東住吉区 山本クリニック

早期大腸がん発見事例

胃・大腸カメラ


「胃カメラ(胃内視鏡検査)は苦しい」という考えをお持ちではないでしょうか?

当院での胃カメラ検査は、鎮静剤を少量使って眠っている間に検査を行いますので全く苦痛はありません(全身麻酔ではなく、眠くなるお薬を使用します)。

ほとんどの患者様が、検査中の苦痛や記憶はなく知らない間に検査が終了しています。
1時間ほど横になって休んでいると目が覚めますので、起きてから検査結果を説明し、その結果も紙に印刷して写真とともにお渡しします。

胃癌、食道癌、胃・十二指腸潰瘍、胃ポリーブ、ピロリ薗、逆流性食道炎などを調べます。
胃の不快感、つかえ感、胸焼け、痛みなどがある場合は要注意です。

当院での内視鏡検査はオリンパス社製のNBI(狭帯域観察)機能及び拡大観察機能を備えた最新式の内視続システムを導入しています。

この内視鏡システムは従来の経鼻内視鏡のような細いものに比べて早期がんの診断能力が格段に進歩し、細い内視鏡では見逃されがちな非常に早期の癌でも診断が可能になりました。

このシステムに加えて色素散布による観察を加えることによリ、最先端の病院での検査レベルに劣ることのない画像解析能力で、手軽に精密で最新の内視鏡検査を患者様に提供できるようになりました。


大腸ファイバ一(大腸内視鏡検査)ってすごく痛くて苦しい検査?


確かに1800mlぐらいの下剤を内視鏡横査前に飲んで大腸を空っぽにする必要がありますので、その苦痛はどうしても避けられないですが、検査そのものは鎮静剤を使って痛みを和らげて検査をしますのでそれほど苦痛を伴う検査ではなくなってきています。

恐怖心の強い患者様や癒着などで痛みが出てくる場合はお薬を追加しながらできるだけ苦痛のないように工夫しています。

大腸癌、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎やクローン病、大腸憩室などを調べます。
大腸ポリープがあればできるだけその場で切除します。健康診断で便潜血が陽性であったリ、下腹部の違和感・下痢や便秘・排便時の出血がある場合は要注意です。



ページTOPへ


当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集



トップページにもどる

山本クリニック 胃・大腸カメラ

Copyright(C)Yamamoto Clinic. All Rights Reserved
WCL